瓦の屋根の家

輸入住宅最大のメリットは耐震・耐火性

家

地震大国である日本において、住宅を購入する際に特に注意しておきたいポイントは耐震性です。輸入住宅は欧米系の建築方法を用いる住宅であるため、日本古来の住宅と比べて脆いという想像を持たれる方も少なくないかもしれませんが、実は輸入住宅は耐震性において非常に優れています。
輸入住宅で採用される一般的な工法として、ツーバイフォーと呼ばれるものがあります。ツーバイフォーは、床と壁と屋根が面構造になっているという特徴があります。この構造によって、地震で揺れが起きた際にそれぞれの資材同士が反発しあうことが無く、建物全体で衝撃を受け止めるため、どこか一ヶ所に負担が集中するということ無く、ダメージを分散することができます。これにより、破損や倒壊といった可能性を大きく下げることが可能となっています。
また、耐火性についても高く期待することができます。木造住宅は燃えやすいという悪い印象が未だに残っていますが、実は太い木の耐火性は極めて高く、中心部が熱されるまでにかなりの時間を要します。輸入住宅においては特に、建物全体に頑丈な木材が使用されることが多いため、災害時に万一火災が発生したという場合においても、安全を確保することができます。

一般的な輸入住宅の3つの種類とその特徴

ご輸入住宅には大きく分けて次の3つの種類があります。
1つ目は北欧スタイルです。北欧の寒冷地帯にある国々で建てられて住宅のスタイルです。高気密性や高断熱性に優れているため、夏の暑さや冬場の冷え込みを住宅内に持ち込まないような設計になっています。また、木材を豊富に使用した自然派の内装になっているので、木の香りなどが住む人に癒しをもたらしてくれるという特徴も持っています。
2つ目は北米スタイルです。北欧スタイルと同様に高い気密性と断熱性を備えており、とても頑丈な作りになっています。実際にアメリカやカナダなどの築年数が100年以上の中古住宅であっても、多少の手直しを加えるだけで更に長い期間、住み続けることができます。
3つ目はログハウススタイルです。北米や北欧などの国々では非常に一般的なスタイルで、様々な自然素材の特徴を活かしたナチュラルなデザインが魅力です。日本国内ではまだまだ浸透していないスタイルなので、他にはない個性的な家づくりをしたいという人にはおすすめです。これら3つのスタイルの住宅はどれも豊富な木材で構成されていることもあり、火事になった時の被害の拡大について心配している人も少なくありませんが、しっかりとした難燃素材もしっかりと取りいれられているので、きちんとリスク管理が行われています。

輸入住宅を建てることの3つのメリット

輸入住宅スタイルで家を建てるメリットとしては、次の3つの点が挙げられます。
1つ目は高気密・高断熱の家を建てることが出来る点です。北米や北欧の夏と冬の温度差が著しい国々で建てられている住宅を参考にしているので、夏は涼しく、冬は温かく過ごすことが出来るように断熱素材が豊富に活用されていたり、隙間がすくない気密性に優れているという特徴を持っています。また、遮音性にも優れているので、外部の音を遮断した静かな室内での生活を行うことができます。
2つ目は高い耐震性能を持った家づくりが出来る点です。輸入住宅の建築方法には、通常「ツーバイフォー工法」が採用されており、この工法は耐震性能が優れているという特徴を持っています。そのため、地震はもちろん台風などの自然災害に対しても耐性を発揮できる強い住宅づくりができます。
3つ目はデザイン性が優れている家を建てることが出来る点です。西洋風の洗練された外観の建物は日本の伝統的な建物とは違った独特の美しさを持っています。また、内装面でも木材を中心としたナチュラルで温もりを感じられるデザインになっているので、長く飽きのこない住宅にすることが出来るでしょう。このように輸入住宅スタイルには機能面とデザイン面の両方のメリットがあります。

人気が高い輸入住宅

人々が快適な生活を送る空間として住宅は非常に大切な空間となっています。ビジネスやプライベートの充実度は住宅の快適さが大きく関わっています。そんな住宅は日本だけでなく、世界各国どのエリアにも存在しておりその国ならではの建設方法や材料によって造られています。日本にも日本古来の技術や材料によって造られた住宅が数多くありますが、近年は日本住宅ではなく「輸入住宅」も高い人気となってきています。そんな人気が高まっている輸入住宅についてご紹介します。
日本住宅の外観の多くが「落ち着いた雰囲気」が味わえる外観となっていますが、輸入住宅の外観は「ゴージャスな雰囲気」が存分に醸し出されている住宅となっています。輸入住宅の外観の多くは映画やおとぎ話に登場しそうな程、大きな造りとなっており、さらに外観のゴージャスさに多くの方が憧れを抱いてしまいます。
特に女性にとっては輸入住宅で生活する事で、海外生活の雰囲気を国内で楽しめたり、お姫様のようになれたような味わいも堪能する事が出来ると人気が高まっているのです。日本住宅に住み慣れた人にとって、輸入住宅の外観はこれまで観た事が無い程強いインパクトとなり、多くの方が虜になってしまうのです。


メリットの多い輸入住宅ですが、しっかりとした業者に依頼しないと大変なことになる可能性もあります。輸入住宅にはある程度専門的な知識も必要ですので、それを有している業者に依頼することを心掛けましょう。

輸入住宅を建てる際の業者選びのコツ

クリーム色の家

輸入住宅を建てる際にはどのような業者に依頼するかが重要になってきます。そこで知っておきたいのが次のような業者選びのコツです。まずは建てた後のアフターサービスが充実している業者を選ぶことです。輸入住宅を維持していくためには、日本製の住宅よりもこまめにメンテナンスを行うことが大切です。そのため、アフターサービスの種類や頻度がしっかりとしている業者を選ぶこと…

輸入住宅の点検について知っておきたい事

2つの家

輸入住宅は丈夫で高機能なのが売りですが、メンテナンスを細目に行わなければいけないという一面もあります。そのため、購入を検討しようとする際には次のような住宅…

輸入住宅購入で気になることとその対策

レンガの家

輸入住宅で暮らしてみたい、でも気になることがたくさんあるからなかなか踏み出せない、そういう人も多いのではないでしょうか。私の場合は、以下に挙げるような気に…

我が家が輸入住宅を選んだ理由

きれいな家

数多くある住宅の中から、我が家は北欧スタイルの輸入住宅を選び建築しました。その理由をここにまとめることで、これから輸入住宅を購入する人の少しでも参考になれ…

TOP